重厚感のある外観デザイン
外観完成予想図

デザイン

  • 外観デザイン
  • ランドスケープ

心が潤い安らぐ自然の風景を演出する、3つの庭園。心が潤い安らぐ自然の風景を演出する、3つの庭園。

市街地に住む日々の暮らしのなかで感じてほしいのは、四季の移ろいがもたらす彩りや香り。
都会的なライフスタイルを満喫しながら、心癒される豊かな自然の風景を想い起こさせるような場所へ。
潤いと安らぎのナチュラルガーデンが、街並を美しく彩り、住む人の誇りを育んでくれます。

ランドプランイメージイラスト
  • エントランスガーデンの坪庭
    エントランスガーデンの坪庭
  • アプローチガーデン
    アプローチガーデン

エントランスガーデン四季と呼応する庭園のそばで。エントランスガーデン 四季と呼応する庭園のそばで。

草花や低木、岩などをリズミカルに配した露地空間とコハウチワカエデが印象的な坪庭を配置。エントランスに広がりをもたせ、四季の彩りとともに、人を奥へと導く庭園美を創造します。

コハウチワカエデ クリスマスローズ

アプローチガーデン風にそよぐ景観美をかたちに。アプローチガーデン 風にそよぐ景観美をかたちに。

イチゴノキ、サンゴミズキなどの軽やかで彩りのある樹木とともに、黄色い花やシルバーグレーの葉が美しいミモザをシンボルツリーに。一歩入れば、風情ある水盤が静けさを演出しています。

イチゴノキ サンゴミズキ ミモザ・プルプレア トサミズキ

コーナーガーデン彩りと香りに満ちた街区創造へ。コーナーガーデン 彩りと香りに満ちた街区創造へ。

草花や低木、岩などをリズミカルに配した露地空間とコハウチワカエデが印象的な坪庭を配置。エントランスに広がりをもたせ、四季の彩りとともに、人を奥へと導く庭園美を創造します。

オリーブ アメリカハナズオウ ハゴロモジャスミン ロンセラ・ゴールドフレーム
DESIGNER 久武正明建築設計事務所 久武伊都子 氏

建設会社に勤務しながら、長年趣味としていた山野草栽培の研究のため、兵庫県立淡路景観園芸学校で学ぶ。その後、薬草としてのハーブ(メディカルハーブ)の利用に興味を持ちハーバルセラピストの資格を取得。植栽計画の企画・設計・監理を行うほか、山野草園芸・メディカルハーブのセミナー講師としても活動している。

  • グリーン事業部マネージャー
  • 園芸研究家
  • JAMHA認定ハーバルセラピスト

こころ潤すナチュラルガーデンに囲まれた暮らしをこころ潤すナチュラルガーデンに囲まれた暮らしを

コンセプトは「こころ潤すナチュラルガーデン」。
都会の市街地に住みながら、郊外の自然の風景を思い起こさせるような3つのガーデンを計画しています。
まず1つめは「アプローチガーデン」。
エントランスの気配が感じられるよう、透け感のある小さな葉、枝ぶりの木々を植えています。
軽やかな木々は、風の流れを感じさせ、モノトーンの建物に対して、色味を意識して配置しました。
2つめは「エントランスガーデン」。
水盤のまわりには、水辺に合う植物を植え、涼やかさを加えています。
露地空間には、可憐な花を咲かせる植物を入れ、坪庭のシンボルツリーのコハウチワカエデは、
紅葉時に、緑・黄色・赤が混じって最後には真っ赤になる美しい樹木です。
3つめの「コーナーガーデン」では、季節感があり、香りや彩りも意識した花木をふんだんに取り入れました。
格子のスクリーンには、甲子園を意識して、ツル性植物を這わせています。
さまざまな種類の樹木や草花がのびのびと育ち、四季の移ろいを身近に感じられる、こころ安らぐガーデンをお届けします。

  • 外観デザイン
  • ランドスケープ
※掲載の完成予想図は計画中の図面を基に描き起こしたもので、施工上の都合、行政官庁の指導により、外観の形状・仕上・色彩・植栽等を変更する場合があります。また電柱や周囲の建物等は省略しております。
なお、植栽は予定種の成長後のイメージに近い画像を用いており、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。あらかじめご了承ください。
※掲載のイメージ図・概念図等は、模式図のため実際とは異なります。また、掲載の植栽写真はイメージで実際とは異なります。